« バスの運転手が足りない! ダイヤ縮小で住民の足に影響 | トップページ

2018年11月11日 (日)

根室本線は初田牛駅も廃止へ

北海道新聞のサイトに、初田牛駅廃止の記事が掲載されました。

 

『「秘境駅」根室・初田牛駅廃止へ JR、来年3月で』

JR北海道は29日、花咲線(釧路―根室)の初田牛(はったうし)駅について、来年3月予定のダイヤ改正に合わせて廃止する方針を根室市に伝えた。

初田牛駅は無人駅で、2013~17年の1日の平均乗降者数は0・2人。

 

(以上北海道新聞のサイトから引用:元記事 ⇒ 「秘境駅」根室・初田牛駅廃止へ JR、来年3月で )

 

 記事によれば、『廃止する方針を……伝えた』ということなので、まだ決定というわけではないのでしょうか。しかし、今言われて来年3月には廃止するというのは、ちょっと期間が短過ぎるのではないでしょうか。それとも事前に話し合いを進めていて、すでに決定済みということなのでしょうか。まあ、初田牛駅は周囲の状況からも存続は厳しいとは思いますが。

 

 ところで、6月に同じ根室本線の直別駅と尺別駅の廃止を検討というニュースがありましたが、その後続報がありません。話し合いが進んでいないのか、もう決定したけれど単にニュース価値が低いとみられて報道されていないのか、どうなのでしょう。

 

 このまま両方廃止になると、来春は根室本線で3駅廃止となりますね。でも、今一歩はっきりしない報道しかないことを考えると、この後まだ出てくるかもしれませんね。そのうち北海道は、特急停車駅以外なくなってしまうかもしれません。各駅停車の特急列車というのも何ですが、そうなったら、石勝線のように線内相互発着に限り特急料金不要として、特急しか運転しなくなるかもしれませんね。

 

|

« バスの運転手が足りない! ダイヤ縮小で住民の足に影響 | トップページ

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バスの運転手が足りない! ダイヤ縮小で住民の足に影響 | トップページ