« 廃線跡の旅・歌登町営簡易軌道 | トップページ

2017年8月13日 (日)

廃線跡の旅・国鉄富内線

 「鉄の草枕」の「廃線跡の旅」のコーナーに「国鉄富内線」の記事を追加しました。

 今回は、施設が良く保存されている富内駅、振内駅を中心に見てきました。途中の線路跡などは見ていませんが、トンネル跡なども残っているようですので、機会があれば改めて詳しく回ってみたいところです。

 富内線は昭和58年に乗りましたが、急な上り坂をゆっくり、ゆっくり上っていったことを覚えています。富内線は、富内までは鵡川に沿って登り、そこから山を越えて平取川の川筋に移って、さらに日高町まで登っていました。

 今回の記事は、今月取材してきたばかりの内容です。過去に取材した材料でまだ記事にしていないものもたくさん残っています。本当は取材後なるべく早く記事にした方が良いのですが、なかなか時間が取れず追いつきません。それはおいおい記事にしていきたいと思います。

 

|

« 廃線跡の旅・歌登町営簡易軌道 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 廃線跡の旅・歌登町営簡易軌道 | トップページ