« 阪堺電車「住吉公園駅」 日本一終電の早い駅が103年の歴史に幕 | トップページ | 活毛ガニのUFOキャッチャー »

2016年3月21日 (月)

廃止間近な北海道の駅

 2016年3月26日のダイヤ改正で、北海道の8駅が廃止になります。そこで、その内のいくつかを訪問してきました。各駅の写真は「駅の旅」のコーナーの「北海道の駅その22」に、同時に訪問したその他の駅は「北海道の駅その21」に掲載しました。

Kyushiratakieki

 どの駅も乗客僅少ということで廃止になりますが、廃止前に訪問しようという人たちで、既にあまり静かな雰囲気は望めなくなっています。廃止になる駅の中でも、上白滝、旧白滝、下白滝の各駅は列車本数が極端に少ないため、訪問するのがかなり困難ですが、降車後徒歩で移動して各駅を訪問しようという人たちが、冬山装備の様な装いで降り立っていました。

 最強の秘境駅として知られる小幌駅は今回は廃止されませんでしたが、今後どうなるのでしょうか。いつまで存続できるのか、予断を許さない所です。

 

|

« 阪堺電車「住吉公園駅」 日本一終電の早い駅が103年の歴史に幕 | トップページ | 活毛ガニのUFOキャッチャー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阪堺電車「住吉公園駅」 日本一終電の早い駅が103年の歴史に幕 | トップページ | 活毛ガニのUFOキャッチャー »