« JR北海道が普通列車80本減便 | トップページ | 2016年、年頭のご挨拶と万世橋駅 »

2015年10月12日 (月)

留萌本線の駅を訪問してきました

 先日、廃線が発表された留萌本線を訪問してきました。留萌本線には以前乗ったことがあるので、今回は車を使って各駅の訪問です。各駅の様子は「駅の旅」のコーナーの「北海道の駅その19その20」に掲載しています。

 さて、増毛は思いの外の賑わいでした。駅に隣接する駐車場は満車で、到着する列車から降りる人、乗る人はずいぶん多く、立客も出る盛況です。とても、1列車平均乗客3人で、廃止になる状況とは思えません。廃止は2016年度中ということでまだ先ですが、今からこの混雑が1年以上続くのでしょうか。また、街中を歩く人は多く、食事時で食堂の前にはお客さんが列を作り、どうも廃線を惜しむ人が訪ねて来ているだけではなく、一般の観光客が多く集まっている様子でした。

 そして、廃止対象外の区間の駅にも立ち寄ってきました。北一已駅に立ち寄り、以前書いた「留萌本線北一已駅」で触れた、建物財産標を探してみました。結果から言うと、発見できませんでした。補強のために張り巡らされた板の下に隠れてしまったのだろうと思います。ただ、どうも宇津内駅舎を移設したのではなく、解体して出た部材を利用して建てたということのようです。実見したところ、部材を継いだ部分や、ホゾ穴を埋めた部分を確認できました。

 さて、今回は各駅を訪ねてみましたが、実際に行ってみるともう一度乗りたい気もしてきます。まだ期間はかなりありますから、可能ならもう一度訪ねてみたいものです。

|

« JR北海道が普通列車80本減便 | トップページ | 2016年、年頭のご挨拶と万世橋駅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JR北海道が普通列車80本減便 | トップページ | 2016年、年頭のご挨拶と万世橋駅 »