« 湊線が全線再開 県内の全鉄道復旧 | トップページ | LED輝く「天の川列車」 阿佐海岸鉄道、アイデアで勝負 »

2011年8月21日 (日)

青函連絡船、羊蹄丸

Yoteimaru2  先日掲載した『「最後の青函連絡船」売却も 船の科学館』の記事で触れたとおり、船の科学館は9月いっぱいで休館し、青函連絡船羊蹄丸は展示を終了することになります。羊蹄丸には現役時代たびたび乗船しており、もう一度と思って見に行ってきました。

 もっとも、羊蹄丸はジェノヴァ国際博覧会日本館パビリオンに使用された際に大改造されており、外見はおおむね昔のままですが、船内は現役当時の面影はありません。だから、現役時代に利用した方が懐かしんで訪れるとがっかりするかもしれません。でもやっぱり懐かしく現役時代を思いました。

Yoteimaru1  船の科学館、羊蹄丸は9月末まで公開されています。現在無償譲渡先を募集していますが、引受先が見つからなければ解体されるとのことです。なかなか引受先を見つけるのも難しそうですから見るなら今の内です。いまなら入館料が特別料金で格安になっていますよ。

 

|

« 湊線が全線再開 県内の全鉄道復旧 | トップページ | LED輝く「天の川列車」 阿佐海岸鉄道、アイデアで勝負 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湊線が全線再開 県内の全鉄道復旧 | トップページ | LED輝く「天の川列車」 阿佐海岸鉄道、アイデアで勝負 »