« 2011年、年頭のご挨拶 | トップページ | 2010年の鉄道走破状況 »

2011年1月 5日 (水)

廃線跡の旅・国鉄清水港線

 ホームページ「鉄の草枕」の「廃線跡の旅」のコーナーに「国鉄清水港線」を掲載しました。久々の更新です。

 清水港線は旅客列車が1日1往復、朝下り列車が走って、夕方上り列車が走るだけということで有名な路線でした。その列車も、天下の東海道線に接しているのに、旧型客車をディーゼル機関車が引いているという時代がかったもので、機関車はDD13という普通は構内の入換に働いており旅客列車は牽引しないものという、なにかと特徴的なものでした。そんな路線にもかかわらず、終点の三保駅には駅員がいて、ちゃんと切符を売っていました。

 今回は全線を歩き通してみましたが、全線8.3kmなのでそれほど無理なく歩けます。さすがに疲れましたけどね。廃線趣味の方には、比較的手軽に歩けますので、お勧めです。

 

|

« 2011年、年頭のご挨拶 | トップページ | 2010年の鉄道走破状況 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年、年頭のご挨拶 | トップページ | 2010年の鉄道走破状況 »