« 小田原に手押しの客車復活 豆相人車鉄道 | トップページ | 「一円電車」復活へ 地元住民、線路整備に汗 »

2010年10月10日 (日)

ブログ開設3周年となりました

 10月7日でこのブログ開設から3周年となりました。この間のアクセス数は4万3千件にのぼり、多くの皆様のご来訪に支えられながら3周年を迎えることができました。今年はやや多忙になって来たため記事作成頻度が落ちてしまっていますが、まあ無理をせずにやっていこうと思いますので、温かく見守ってください。

 この1年間の記事でアクセスが1番多かったのは「有田川町鉄道交流館3月20日オープン」で、2月の掲載以来615件でした。2002年に廃止になった有田鉄道跡に鉄道交流館がオープンするという記事で、地方の小私鉄にしてはずいぶん注目されたものです。あまり他で取り上げられなかったために、このブログが目立ったのかもしれません。記事を書いた当時では車両の動態保存ということでしたが、現在は乗車もできるようになっているそうです。

 2番目に多かったのは「JR学園都市線:電化工事起工式 桑園-北海道医療大学間、所要時間短縮へ」で、昨年12月の記事掲載以来323件でした。先日様子を見てきたら、北海道医療大学駅側は未着工でしたが、桑園駅側は既に架線柱が立ち並んでいて、着々と工事が進んでいました。

 3番目は「3色のセントラム走行 富山市中心部の路面電車 23日開業へ試運転」で、214件でした。富山市の路面電車を活用した街造りの施策は、注目されているようです。

 その他、この1年間に掲載した記事ではありませんが、「初の空港廃止、北海道の弟子屈飛行場 利用客低迷で」はこの1年間のアクセス数が469件と多数にのぼっています。日本航空の倒産や、それに伴う地方航空路線の廃止、地方空港の危機といった一連の状況から、引き続き注目を集めたようです。

 今後も、できれば注目を集めるような記事も含めて、記事の充実に努めていきたいと思います。次の1年間も引き続きよろしくお願いいたします。

 

|

« 小田原に手押しの客車復活 豆相人車鉄道 | トップページ | 「一円電車」復活へ 地元住民、線路整備に汗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが、3周年おめでとうございます。
有田町鉄道交流館は、有鉄廃線前に何度も訪れ、鉄道公園の構想は聞いていたものの、まさか実現するとは思ってなかっただけに、貴重なキハ58動態復元とともに、ありがたく思ったものです。
またこれからも、いろんな話題を期待しています。

投稿: buschan | 2010年10月26日 (火) 23時01分

 buschanさん、いつもコメントありがとうございます。
 有田町鉄道交流館は私も驚きました。よくぞ実現したものです。ぜひ多くの方に知っていただいて、皆で訪問して盛り上げていきたいと思っています。
 今後もこういったあまり広く知られていない、ローカルな話題を取り上げていきたいと思っています。

投稿: 鉄枕 | 2010年10月31日 (日) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田原に手押しの客車復活 豆相人車鉄道 | トップページ | 「一円電車」復活へ 地元住民、線路整備に汗 »