« JR西、赤字線をバス転換 | トップページ | 乗客の減少著しいローカル線 »

2010年4月 6日 (火)

余部橋りょう:山陰線、8月12日に供用開始 7月から部分運休

『余部橋りょう:山陰線、8月12日に供用開始 7月から部分運休』

 山陰線の新しい余部橋りょう(香美町香住区余部)の建設工事を進めているJR西日本は5日、香住-浜坂駅間を7月17日~8月11日の26日間部分運休し、旧橋から新橋の架け替え作業を行うと発表した。新橋は同12日予定1カ月前倒し供用開始。

 今秋の供用開始を予定していたが、約1カ月前倒しして運休を夏休み期間にし、通学利用者などの影響を抑えた。

 高さ41メートルの赤い橋脚が大空にそびえる姿が「東洋一」とたたえられた現在の余部鉄橋(1912年開通)は、西側の橋脚3本と橋げた80メートル程度のみ撤去せず現在の場所に保存される予定。

 (以上、毎日新聞のサイトから引用:元記事 ⇒ 余部橋りょう:山陰線、8月12日に供用開始 7月から部分運休 

 余部橋梁がいよいよ最期の時を迎えます。7月16日を最後に運休、解体に入るということですので、渡るのも、見るのもあと3カ月余りです。最後の姿を見に行きたい気もしますね。ご訪問はお早めに。

 

|

« JR西、赤字線をバス転換 | トップページ | 乗客の減少著しいローカル線 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JR西、赤字線をバス転換 | トップページ | 乗客の減少著しいローカル線 »