« 消えゆく東京駅発ブルトレ 「銀河」来春に引退 | トップページ | 上毛電鉄、レトロ電車活用し再建 »

2007年11月23日 (金)

JR東日本・新幹線スタンプラリー

 JR東日本では会社発足20周年を記念して、新幹線スタンプラリーを実施しています。これは、JR東日本の新幹線50駅を6エリアに分けて、3エリア、または6エリアの駅でスタンプを集めて応募すると、賞品が当たるというものです。応募締め切りは4回に分かれており、一回ごとに商品が変わります。(JR東日本の案内はこちら ⇒ 記事 )

Memory1

 第二回の期間に6エリアを回り応募していたのですが、先日その賞品が届きました。JR東日本の新幹線高速試験車FASTECH360型のUSBフラッシュメモリーです。

Memory2 USBメモリ本体を拡大した写真はこちら。運転席側がUSBメモリ本体になっています。FASTECH360といえば、非常ブレーキとして装備された「ネコミミ」こと空気抵抗増加装置が特徴ですが、さすがにそれは再現されていません。

 新幹線スタンプラリーは現在も実施中です。各エリア一駅を回ればいいので、6エリア全てでも一日あれば回れます。費用はそれなりにかかりますけどね。

 

|

« 消えゆく東京駅発ブルトレ 「銀河」来春に引退 | トップページ | 上毛電鉄、レトロ電車活用し再建 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

へぇ~。こんなに面白い企画をやっているのですね!。それにしても6エリア制覇とはさすが鉄枕さん!。「それなりの費用」が工面できてしまうんですもの。JR東日本のHPも見てみましたが、USBのもらえる時期はもう過ぎ去ってしまったのですね。残念~。

投稿: すぬ | 2008年1月25日 (金) 22時11分

このスタンプラリーは、7月に仙台に出張に行った時に気付き、USBメモリが欲しいなあと思っていましたが、なかなか出かける機会がなく、期限が迫ってきたので1日で回ってきました。
東京(首都圏エリア)→高崎(ときエリア)→佐久平(あさまエリア)→大宮→山形(つばさエリア)→仙台(はやて・やまびこエリア)→雫石(こまちエリア)という回り方でした。
もっと広く回りたいのはやまやまでしたが、1日で回ろうとするとこの程度でした。ただ、佐久平、雫石はこんな機会でもないとなかなか行かないと思って目的地に選んだという面もあります。
「それなりの費用」は、「三連休パス」という、JR東日本エリアの特急自由席が3日間乗り降り自由で、指定席も4回まで利用可能という切符使いましたので、その代金の26000円でした。高いと思うか安いと思うかは人それぞれでしょうが、東京-盛岡を新幹線指定席で往復すると28000円弱かかりますから、割安であったことは確かです。
しかし、「三連休パス」は3日間使えるし、函館までも行けるんですよね。もっと遠くまで行きたかったと思うのは私だけでしょうか。

投稿: 鉄枕 | 2008年1月26日 (土) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えゆく東京駅発ブルトレ 「銀河」来春に引退 | トップページ | 上毛電鉄、レトロ電車活用し再建 »